マカの独特の味

マカは一応野菜に分類される食べ物ですが、その味は独特なものです。
その独特な味覚が大丈夫な人もいれば全くダメな人もいます。
なので、そのためにカプセルや錠剤、粉末といったさまざまな状態で摂取できるようになっています。

さすがに最初からおいしいと感じる人はいないようです。
しかし、この独特な味がなんともいえず癖になり、そのまま飲めるようになったというツワモノもいます。
しかし、これは極めて特異な例で、粉末状の場合はたいていの方がジュースや牛乳、ヨーグルトやゼリーなどと混ぜて摂取する方が多いようです。
料理の調味料として使われる方もいます。
香辛料と同様にとらえているようです。

料理に混ぜても気になるほどマカの粉末状がダメな方は、カプセルや錠剤で水と一緒に飲んでいます。
一般的で味覚への影響はありませんが、粉末状よりも吸収が遅く、且つ栄養価も粉末より多少落ちる場合が多いようです。
なぜかというと、錠剤には凝固剤、カプセルには外側のカプセル、これらをマカの成分と合わせて摂取することになります。
粉末状は余分なものが含まれていないより純度の高いマカとなっているからです。

マカの味覚に抵抗がない方は、より高い純度になっている粉末状のマカを摂取することをおすすめします。
マカの味は苦手だけど、なんとか純度の高い粉末状のマカが摂取したい!
こんな方はオブラートを使用するといいでしょう。
実際にオブラートにマカを包んで摂取している方も多数いるようです。

そこまで無理して摂取するのがしんどいようなら、料理に混ぜて摂取するという方法が一番ベストなのかもしれません。
ゴマや味噌、ケチャップなどと相性がよく、ゴマのクッキーや味噌炒め、ケチャップ煮などの料理に活用しやすいようです。
ネットなどでもこのような料理のレシピもたくさん掲載されています。

確かにマカの味は独特で慣れにくいものです。
それがいやで飲むのを断念してしまった方もいらっしゃるようですが、良薬は口に苦しとも言います。
体の変化を信じ続けて飲み続けて体調が改善された方もいます。
自分に合った飲み方を見つけて、効果が現れるまでとりあえず飲み続けることが肝心です。
マカの摂取方法はこちらも参考にしてください。