マカの選び方

マカは実に多くの種類が販売されていますが、どのマカが良いのか分からないという方は多いと思います。

マカの選び方には3つのポイントがあります。
栽培方法と原料・加工方法・製造会社の3つです。

1つ目の栽培方法と原料については、原産国のペルーがポイントになります。
なぜならペルー政府によってマカそのものの国外持ち出しが禁止されており、ペルー以外での栽培はできないためです。
マカ専門の会社ではペルーでマカを自社栽培するところもあります。

その栽培方法によってマカがいい原料になるかどうかが決まります。
農薬や肥料を使っていたり、日干しをきちんとしなかったりと品質の高いマカを栽培するための手間を省いているような原料は栄養素も半減してしまいます。

近年、マカの効果の認識が広まるにつれて自生地よりも標高の低い農地で化学肥料を使って栽培されたり、トウモロコシの粉末など他の材料を混ぜた商品が
出回るようになってしまいました。
ペルーのフニンにあるフニン湖周辺の標高約4000mの場所で、厳しい気象条件で栽培されたマカこそが高品質のマカです。
それ以下の標高で気象条件も厳しくないところで作られたマカは効果があまり期待できません。

加工方法は、主に乾燥したマカを粉末にする方法とマカの有効成分のみを抽出して加工している方法があります。
有効成分を抽出して加工する際には高温熱処理が不可欠であり、この工程でどうしてもアミノ酸やビタミン、ミネラルなどが失われてしまいます。
できれば加工することなく、そのままの純粋なものが望ましいと考えられます。

3つ目の製造会社についてはISO品質基準などで認定された会社が良いようです。
よく私的な団体名での推薦や認定と表示されているマカを見かけますが、国際的なISO品質基準などの認定がなければあまり信用性は高くありません。
特に製造元が海外の会社では重要な基準となります。
日本の企業でも、サプリメントを海外に販売するときには国際機関で認定される必要があります。
日本でもJAS規格があり、有機やオーガニックを表示するにはこの規格をクリアしなくてはいけません。
また、マカはお子様に飲ませてもよいのでしょうか。詳しくはこちらhttp://www.loveagain.jp/kodomoni_maca.html